About Us

The Way to success. uniquness. surprise.

当社の販促・コミュニケーションを通して、クライアントの製品価値を最大限に伝えます。
クライアントの商品やサービスに対する想いを世の中のニーズに照らし合わせ、当社のフィルターを通じて、どの様に伝えたらよいのかを考えアイデアを出すことで貢献し、社員一人ひとりが、得意とする力を発揮し、世の中に貢献することをお約束いたします。


Who We Are

「自分に対して正直であれ」
自分の感性を信じて行動しよう。そして、責任感を持って行動しよう。
「人の話をよく聴こう」
自分だけの想いにとらわれず、広く人の話に耳を傾けよう。一人の想いには限界があることを知り、客観性を持とう。そこからアイデアが生まれる。
「嘘は絶対につかない」
自分にも、他者にも嘘はつかない。責任の基は、そこにある。そして、一人ひとりが信頼されることは、会社の発展につながり、会社の発展は、自分の豊かさにつながることを知ろう。
「常に新しいことを考え、古いものを馬鹿にしない」
常に新しいことを考え、アイデアをどんどん出そう。しかし、温故知新のたとえにあるように、古いものがなければ、新しいものはないのだということを知ろう。古いものから学ぶことをどんどんしよう。 人のつながりを大切にし、良いもの、良い考えを積極的に吸収できる人になろう。それがよきアイデアを生むことにつながる 広いこの世で出会いがあって、仕事が生まれる。だからこそ、そのつながりを大事にして、そこから様々なことを吸収できる謙虚さを持とう。誠実さを持とう。
「人の心を動かす豊かな仕事をしよう」
マーケティング、コミュニケーションは、人の心を動かす仕事。いつも、人の心を動かせる仕事を心がけよう。 開発した人、売る人、生活者、伝えるメディアの想いを考えて行動しよう。 自分だけの想いを大事にするのではなく、関係するすべての方の想いを大事にしよう。それが当社の仕事です。 こんなのダメだと思わず、恥ずかしがらずアイデアをどんどん出そう。人は、十人十色。だから様々な観点がある。多様性がイノベーションを生むのだから。
「論理と感性を結びつけてアイデアを創造しよう」
論理とは、根拠のある提案のこと。根拠のある提案をする為には、様々な角度から裏付けをとり、対象の優位性を理解することが必要。しかし、論理だけでは、人の心を動かさない。だから感性が必要。感性とは、相手の立場を思いやる想像力。論理に感性というスパイスをふりかけて、アイデアを生み出そう。


Our History